トップページお役立ち情報 >ムダなく進める手続き・連絡

初めての一人暮らし ムダなく進める手続き・連絡

ムダなく進める手続き・連絡

初めての一人暮らしは、分からないことだらけ。まず、実家でやっておく手続きと、新居で行う手続きに分けて、最低限必要なものに絞ってご紹介します。一つずつ分からないことをクリアーして、段取りよく新生活のスタートに備えましょう。

実家でする手続き

市町村役所

 ・転出届 

 ・国民健康保険の転出手続き(加入者の場合)

市町村役所の手続き

転出手続きを行い、転出証明書を取得する。転出、転入手続きを行うと自動的に住民票も移動されます。手続きの際は本人確認書類(運転免許証・パスポート)、印鑑、国民健康保険証(加入者の場合)が必要になります。学生の方の場合、国民健康保険証に加え在学証明書、新住所の住民票の写しが必要になります。

ガス

 ・ガス開栓予約を申し込み

ガスの開栓予約手続き

新居に入っているガス会社がどこなのかを確認し、開栓の連絡をします。使用開始の1週間前が目安。開栓に立会が必要なので、事前に希望日を伝えましょう。立会いは使用する本人または代理人が行います。

郵便局

 ・転送手続き

転送手続き

実家に届いた自分宛の郵便物を旧住所から新住所へ1年間転送してくれます。郵便窓口、インターネットで申し込みましょう。郵便窓口で手続きを行う場合、本人確認書類(運転免許証、各種健康保険証など)、旧住所を確認するための書類(運転免許証、パスポートなど)が必要になります。

銀行

・口座住所変更

口座住所変更

銀行窓口、郵送などで手続きを行いましょう。窓口で手続きする場合は、通帳と印鑑を用意します。郵送の場合は、銀行のホームページより住所変更届を取り寄せをして必要事項を記入しポストに投函します。

インターネット

・新規申し込み

インターネット申し込み

インターネット、電話で申し込みをします。申し込みをするとインターネット設備の工事日程を決めます。その後開通工事が完了するとインターネットが使用できるようになります。新居の建物にすでにインターネット設備がある場合もあるので、事前に確認しておくといいでしょう。

新居でする手続き

市町村役所

 ・転入届

 ・国民健康保険の加入手続き(必要な場合)

 ・国民年金の住所変更手続き(加入者の場合)

市町村役所の手続き

手続きの際は転出証明書を忘れずに持参し、他に印鑑、本人確認書類(運転免許証・パスポート)、国民年金手帳(加入者の場合)が必要になります。引越し後14日以内に行いましょう。

ガス

 ・開栓の立会い

ガスの開栓の立会い

引越し当日からガスを使うなら引越し日に立会ができる様、事前に申し込みましょう。当日はガスの開栓作業、安全に使用するための説明をしてくれます。不明点は作業員の方に確認しましょう。

電気・水道

 ・使用開始申込書を記入、投函

電気・水道手続き

一般的には、引越し後すぐに利用できます。申込書は忘れずに記入・投函しましょう。料金の支払いは、銀行の口座振替やクレジットカードで行うと便利です。詳しくは各事業所に確認しましょう。

※各手続きの詳細は、各自治体・事業者へご確認下さい。